福岡専門職相談ネットワーク

不動産・相続・金銭トラブルなどで相談者が見つからない方、福岡専門職団体連絡協議会にお任せ!

福岡無料相談ネットワークホーム > 各士業のご紹介

税理士のご紹介

業務内容 税理士は、納税者が税金のことで困ったときや分からないときに、税務に関する専門家として、公正な立場で納税者の信頼にこたえ、適正な納税のお手伝いをします。
確定申告など、税務署等に提出する書類を納税者に代わって作成するのはもちろん、個人事業者や法人の会計帳簿の記帳代行や、財務書類の作成も行います。
税務調査の立会い、税務署の更正・決定などに不服がある場合の申し立てや、税に関する訴訟においては、弁護士と共に補佐人として、納税者の正当な権利や利益の救済を援助いたします。
また、社会貢献事業として確定申告期間における無料税務相談や申告などの税務支援や、子どもたちに税のことを学んでもらうための講師派遣も行っています。本人に代わりさまざまな契約行為や財産管理等を行う成年後見制度への参画、市民によるボランティア活動を支援するNPO法人の税務・会計アドバイザーとして時代の要請に応じています。
税理士は、税金に関して知りたいときに気軽に相談できる「あなたの暮らしのパートナー」です。
こんな時は税理士へ
  • 事業を始めたい、会社を設立したい
  • 個人事業を法人にしたいが
  • 帳簿のつけ方が分からない
  • 今まで自分で確定申告をしてきたが、どうも難しくて
  • 株式を売却して損が出たが
  • 不動産を買い換えたい
  • マイホームを手に入れた
  • 子どもに住宅資金を出してやりたいが
  • そろそろ相続対策を検討しなければ
  • 親族が亡くなったが相続税はどうなるのだろうか
  • 離婚で財産分与をするのだが
  • 消費税の納税義務があるかどうか分からない
ホームページ 九州北部税理士会のホームページへ

司法書士のご紹介

業務内容 司法書士は登記の専門家です。
【不動産登記】◎不動産の売買や贈与 ◎不動産の相続 ◎不動産担保 ◎住宅ローンの完済
【商業法人登記】◎会社・法人の設立 ◎社名や事業内容の変更 ◎役員の変更 ◎増資・減資、合併・分割・解散
金銭・契約トラブル、損害賠償等の法律問題の相談に応じ、裁判手続や和解交渉のお手伝いをいたします。
【書類作成】◎訴状や答弁書 ◎離婚、相続等の家事事件の申立書 ◎競売、破産等の申立書
【訴訟代理】◎法務大臣の認定を受けた司法書士は簡易裁判所で行う140万円以下の民事訴訟や調停事件の代理人となったり、裁判外で相手方と和解交渉を行うこともできます。
社会問題になっている【多重債務問題】、判断能力が不十分な高齢者や障害者などの権利を護る【成年後見】、当事者間の話し合いを軸にトラブルの解決をはかる【ADR】にも積極的に取り組んでいます。
こんな時は司法書士へ
  • 不動産を売買することになりました。
  • 会社を設立するにはどうしたらいいですか。
  • 家賃や敷金のことでトラブルになっています。
  • 借金の返済ができなくて困っています。
  • 高齢の両親が訪問販売で次々と高額な商品を買わされて困っています。
ホームページ 福岡県司法書士会のホームページへ

土地家屋調査士のご紹介

業務内容 私たち土地家屋調査士は、昭和25年に制定された土地家屋調査士法に規定されている国家資格で、今年で制度制定59年目になります。
@所有者から依頼を受け、土地や建物の調査をして、不動産の表示に関する登記申請のお手伝いをすることを主たる業務としており、A土地の境界に関する紛争を裁判外で解決するために平成17年より「境界問題解決センターふくおか」を運営し、境界の専門家として紛争解決のお手伝いをしています。また、B法務局がおこなう筆界特定制度では、筆界特定申請の代理はもとより筆界特定調査員として本来の境界を探求するお手伝いをしています。
土地や建物の登記・測量や境界問題に関しては豊かな技術と専門知識で皆様の大切な不動産の有効利用や問題解決に貢献する、私たちは土地家屋調査士です。
こんな時は土地家屋調査士へ
  • 土地を売りたいので境界を明確にして、正確な面積が知りたい。
  • 亡くなった親の土地を兄弟姉妹で分割して、それぞれを相続したいので土地を分筆してほしい。
  • 親名義の既存の家を息子が2世帯住宅に増改築しましたが、登記はどうすればいいのでしょうか?
ホームページ 福岡県土地家屋調査士会のホームページへ

不動産鑑定士のご紹介

業務内容 不動産鑑定士は、地価公示を始めとする各種公的評価等、裁判上の評価、会社合併時の資産評価、現物出資の評価、減損会計、相続における評価、売買における評価、賃料評価、カウンセリング等、公共団体や民間の法人及び個人からの多岐、多様にわたる求めに応じ、鑑定評価業務を行っています。
こんな時は不動産鑑定士へ
  • 不動産の売買・交換等をするとき…不動産の専門家である不動産鑑定士の評価額をもとに安心して取引が進められます。
  • 不動産を賃貸するとき…マンション・貸ビル等の家賃や土地の地代を決定するときに、納得する賃料を把握することができる。
  • 不動産の資産価値を知りたいとき…不動産の価格は、常に変動します。鑑定評価によりその時々の価格が把握できます。
  • 不動産を担保にするとき…個人・法人が金融機関から融資を受けるとき、また金融機関では融資額を決定するとき鑑定評価書が活用できます。
  • 裁判などのとき…不動産に関する裁判上の争いなどのとき、鑑定評価書が力を発揮します。
  • 税務上、時価会計、証券化等…適正な不動産価格を把握するとき、鑑定評価が有効に活用できます。
  • 不動産を有効活用したいとき…土地利用等のコンサルティング業務も承ります。
ホームページ 福岡県不動産鑑定士協会のホームページへ

行政書士のご紹介

業務内容 行政書士は官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公署に提出する手続について代理することを主な業としています。その書類のほとんどは許可認可(許認可)等に関するものです。また、「権利義務に関する書類」についても、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を業としています。主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書、協議書、内容証明、告訴状、定款等があります。さらに「事実証明に関する書類」について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を業としています。主なものとしては、実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、現況測量図等)、各種議事録、会計帳簿等があります。行政書士の業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として国民から大きく期待されています。
こんな時は行政書士へ
  • 会社を作りたい、建設業を始めたい、宅建業を始めたい、運送業を始めたい等の許可認可免許登録が必要なとき
  • 日本の国籍を取得したい、留学生が卒業後日本で就職したい等の手続きが必要なとき
  • 遺言書を作りたい、相続手続きをしたい、契約書を作りたい、会計記帳等を依頼したい等の書面を作成したいとき
ホームページ 福岡県行政書士会のホームページへ

社会保険労務士のご紹介

業務内容 働いたのにお給料がもらえない、年金を納めたのに給付額が少ない・・・
そんなときあきらめていませんか。
怒り、悲しみ、憤りなどいろいろな思いがこみあげるでしょうが、こうした問題は感情では解決しません。解決の糸口を握るのは法律です。
働く人の権利は主に「労働基準法」によって定められています。年金のことは主に「国民年金法」と「厚生年金保険法」で定められています。ほかにも「雇用保険法」、「健康保険法」などさまざまな労働や社会保険関係の法律が働く人を守っています。 決められた法律を知っていれば、決められた手続に従い、自分の権利を守ることができます。
しかし、細かい法律の内容は知らないのが普通です。どのような手続を踏めば、相手に法律を守ってもらえるのかも、わからないと思います。
それをあなたの代わりに考え行うのが社会保険労務士です。
こんな時は社会保険労務士へ
  • 最近、上司のパワハラのせいで、会社に行くのがゆううつになってしまった。これじゃストレスで病気になってしまいそう・・・。これ以上深刻にならないうちに、なんとかうまく解決したいけど・・・こんなとき相談に乗ってくれる専門家っていないの?
  • 最近「不当解雇」とか「賃金不払い残業」とか、職場のトラブルに関するニュースをよく聞くけど、そもそもどうしてそんなトラブルが起こるんだ?わが社は大丈夫か?あんな問題が起きたらそれこそ経営が危ないぞ・・・。トラブルを円満に解決する方法はないか・・・そういうの誰に相談したらいいんだろう?
  • 最近なんだか社員にやる気が感じられない。業績も伸び悩んでいる。「社員がいきいき働いている職場は生産性が高くなり、会社全体の業績を大きくアップさせる」って、わかってはいるけどなかなこのままかうまく行かなくて・・・。私みたいな経営者の悩みを解消してくれる身近なコンサルタント、誰か紹介して!
ホームページ 福岡県社会保険労務士会のホームページへ

弁理士のご紹介

業務内容 発明、考案、意匠、商標などを保護するためには、特許権などの権利を取得することが必要です。従来、弁理士の役割は、そのための特許庁に対する書類の作成や手続の代理が中心でした。もちろん現在も、そのような業務が大切であることに変わりはありませんが、社会の変化や弁理士法の改正などにより、近年、弁理士の仕事はコンサルティングや紛争処理など、多様に広がりを見せています。著作権や不正競争法による保護や海外からの模倣品・海賊版の流入に対する水際対策などのほか、海外企業とのライセンス契約の交渉を含む知的財産分野全般に渡るサービスを提供することが期待されており、日本国内だけでなく、世界を舞台に活躍できるスペシャリストとして注目を集めている資格であり、私達は皆様の知的財産を世界的な視野で守るお手伝いをします。
こんな時は弁理士へ
  • 特許などの出願に関する特許庁への手続についての代理
  • 知的財産権に関する仲裁事件の手続についての代理
  • 特許や著作物に関する権利、技術上の秘密の売買契約、ライセンスなどの契約交渉や契約締結の代理
  • 特許法等に規定する訴訟に関する訴訟代理など
ホームページ 日本弁理士会九州支部のホームページへ

中小企業診断士のご紹介

業務内容 中小企業診断士は、経営コンサルタント唯一の国家資格者として、中小企業経営に関する専門知識と能力を活かし、経営に関するコンサルティングや調査研究、経営助言などを行い、その成果を企業と地域の発展に役立て、社会的に高い評価を受けています。
 また、行政の中小企業に対する公的支援事業の協力者として、中小企業施策の活用支援などの面で、行政・各支援機関と企業のパイプ役も果たしています。
こんな時は中小企業診断士へ
  • 売上向上を図りたい
    ◇新商品・新サービスの開発、ブランド化 ◇販路開拓、ビジネスマッチング ◇営業・接客担当者の教育◇マーケティング戦略策定、メディアミックス ◇商圏調査、新規事業開拓 など
  • 資金繰りを何とかしたい
    ◇予算管理、資金計画、資金繰り表の作成 ◇債権回収管理 ◇資金借入手続き支援 ◇借入金返済計画の策定 ◇助成金・低利融資制度活用 など
  • 経営改善・事業再生を図りたい
    ◇事業・業務・財務の再構築 ◇再生計画の策定、実行支援 ◇事業承継、M&A など
ホームページ 福岡県中小企業診断士協会のホームページへ

弁護士のご紹介

業務内容 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命としています(弁護士法第1条)。
この使命にもとづいて、弁護士は法律の専門家、人権擁護の担い手として社会の中で起きるさまざまな法律問題の解決に取り組み、「誰もが安心して暮らせる社会」の実現をめざして活動しています。
こんな時は弁護士へ
  • 家族が逮捕された
  • 交通事故,医療事故に遭ってしまった(加害者・被害者)
  • 夫婦間で問題が起こっている(離婚・親権・養育費等)
  • 親子・兄弟間で問題が起こっている(相続・遺言・扶養)
  • 借金の返済に困っている(破産・民事再生・任意整理)
  • 金利の高い貸金業者に長期にわたって返済している(過払金返還請求)
  • お隣近所と境界や騒音などの問題でもめている
  • 悪徳業者に騙されたかもしれない
  • 老後の財産管理や生活が心配だ
ホームページ 福岡県弁護士会のホームページへ

公認会計士のご紹介

業務内容 私たち公認会計士は、監査および会計の専門家として、独立の立場で、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者および債権者の保護を図り、国民経済の健全な発展に寄与することを使命としております。
こんな時は公認会計士へ
  • 公表財務諸表の監査
  • 会計処理システムや財務諸表の作成
  • M&A業務の支援と財務調査
  • 内部統制の制度構築の支援
  • 企業価値の評価
  • 海外進出など国際関連業務への支援
  • 株式公開
ホームページ 日本公認会計士協会北部九州会のホームページへ